So-net無料ブログ作成
検索選択

Wiiでインターネット:その3 [Wii]

 やっと土曜日になって、仕切り直し。

 Wiiのサポートと電話相談。

 チャンネルについては、環境によってどのチャンネルが最適なのかは変わってくるので、いろいろ変えて最適なものを探してもらうのがいいんだって・・・。わかったような、わからんような・・・。

 暗号化機能についても、環境によって変わってくるので、方式を変更していろいろ試してください、ってことでした。

 いろいろ変更して試してみるのはいいのが、その度にルーターの再起動が必要になるのが、何ともうっとおしい。しかし、やってみるしかみるしかないのら仕方ないです。

 まずは「MACアドレスフィルタリング」をやってみる。実はあまりよくわかってないのですが、子機のアドレスを個別に指定することで、それ以外の子機に接続できなくする機能ということらしい。
 これならちゃんと接続できる。これならかなり安心できる環境になったようです。

 次に暗号化機能で再チャレンジ。
 最初に試していた、「WEP方式」で再度試してみるが、やはり以前と同じエラーが出てダメ。
 次に「TKIP+PSK方式」をやってみる。今度はうまくつながった。

 ともかく、これで何とかうまく行ったようです。細かいことは結局よくわからなかったのですが、結果オーライということで済ませるしかないみたい。

 こんなことで時間を取られて、せっかく届いたパラ8月号もじっくり見る時間を削られてしまった。これからゆっくり読みます。
 


Wiiでインターネット:その2 [Wii]

 設定をしてやるだけでつながるはずだったのだが、これがなぜかうまくいかない。

 オプションのカードをマニュアルにしたがって、ルーターの電源を一旦切ったあとでスロットに差し込んで、ルーターを再起動。ランプも正常について、有線LANの方は元のまま正常につながることを確認。後はWii側を設定するだけでうまくいくはずだ・・・・と思ったのが甘かった。全然うまくいかない。

 とりあえずWiiでアクセスポイントを検索させてみるが、「見つかりません」という返答。わずか数mの距離でも間に障害物があるとダメなのかと思い、ルーターやWiiをいろいろ移動させてやってみるが全くダメ。9時過ぎてから始めたため、どこの電話サポートも終わった後なので、とりあえずは自分で解決するしかないことになる。これには参りました。

 まずはWiiのHPのサポートから「接続がうまくいかない場合」の対処法を読んで勉強することに。
 最初にWeb Caster V110 が接続確認が取れている機種にあることを確認。後を順番に読んでみると・・・
「ステルス機能が有効の設定の場合は検索できません。」というのがあった。「ステルス機能」なんかルーターの設定項目に何もないのですが・・・、よくよく読んでみると「ANY接続」という項目がそれに当たるらしい。
 デフォルトが「拒否」になっていたので、これを「許可」に変更してみた。

 ただ、このルーター、設定を変える度に再起動が必要で、その再起動の度に180秒かかり、その間は有線LANの方もインターネット接続は一切できない、という構造になっている。これが何とも邪魔くさい。

 ともかくその状態で、Wiiに検索させてみると、今度はちゃんと見つけてくれた。暗号機能を設定していたけど、ちゃんとパスワードを受け付けてくれて正常に認識してくれている。電波状態も良好なアイコンになっており、これが完璧だと思ったら、・・・・・・そうはいかない。 
 Wiiが「続けて接続テストをやってみます」ということなので、やってもらうと、さんざん悩んだあげく、「エラーのため接続できません。」どうもセキュリティー設定がうまくいっていないようなのですが、どこをどうやればいいのかさっぱり・・・・。
 その後、できる範囲のことを試してみたが、どうにもならず。この先は電話サポートに問い合わせるしかないようです。


 そして翌日、仕事の合間にかけてみることにしたが、任天堂とNTTのどちらにかけるべきかが悩ましい。その場合、問題になるのが受付時間。任天堂は9時から17時、NTTは9時から21時ということなので、とりあえず任天堂にかけてみる。そばに本体がない状態で問い合わせるのも、何ともたよりないのだが、普通に働いている者にはどうにもなりません。
 任天堂の方の答は「とりあえずはNTTに問い合わせて、ルーターの設定が正しいことをまずは確認して欲しい」ということ。それには一旦帰宅してからやり直すしかありません。

 帰宅してNTTにかけてみるが、予想通り、これがなかなかつながらない。ただ「お待ちください」のアナウンスが流れるばかりで30分以上は待たせられる。(フリーダイヤルだから電話料金の方は関係ないですが・・・・)やっとつながったと思ったら、「Wiiの担当者は現在手空き者がいないので、後ほどこちらからかけ直します。」って。まあいったいいつまでかかることやら・・。
 その1時間後に電話がかかってきて、相談してみるも、設定上特に問題はない様子。後、変えるところとしてはチャンネルが1から14まであり、デフォルトが4になっているが、それをいろいろ変えて試して欲しい。さらに暗号機能などは一切オフにして試して欲しい。それでダメなら現在の細かい設定条件の内の、この部分の細かい数字を、Wiiのサポートに連絡して対処してみてくれ、という結論でありました。

 まずは暗号機能を全てオフにしてやってみる。これでもダメ。
 次にチャンネル1でやってみる。やはりダメ。(設定変更の度に再起動なので、その待ち時間だけでも精神的にくたびれます。)
 次にチャンネル2でやってみる。どうせまたダメだろうと思っていたら、何と・・・・・・これが接続テストOKになる。その後いろいろ動かしてみるが、どうやら正常につながっているようです。
 それでは、今度は暗号機能を復活させて試してみたが、今度はダメ・・・。どうも暗号機能を働かせるとダメみたいですが、いくら何でも暗号機能全てオフで放置しておくのはあまりにも無防備すぎる。
 この先はWiiのサポートに聞いてみるしかない、というのが結論。
 
 実は今日の昼間に一回問い合わせてみたのですが、機器が手元にある状態で問い合わせてもらわないと対処できない、ということなので、土曜日に、自宅から改めて問い合わせてみるしかないようです。
 それまでは無防備なままで放置するしかないことになるので、何とも不安ですが、致し方ありません。

 ということで、この先は土曜日になります。(続く)
 

Wiiでインターネット:その1 [Wii]

 Wii の説明書を読むとインターネット接続するのが標準になっている。そりゃつなぐべきでしょうが、どうやってつなぐか・・・。

 我が家はNTT西日本のBフレッツで、IP電話用にルーターWeb Caster V110を月300円のレンタルで使い、有線LANでつないでおります。LANポートは3つ空いているので、子供ノートパソコンを整備する際も有線LANでつないでやっていました。今はついでに地デジテレビにもつないでいます。

 だからWiiも有線LANでつなぐのが一番簡単なんですが、ルーターとWiiは別の部屋に置くようにしたので、長いLANコードを持ってくるにしても非常に邪魔くさい。何よりもWii側は有線LAN接続を標準にしていないようで、有線LAN接続用の部品を購入する必要があるのだが、調べてみたら、 標準小売価格2800円ということで結構高いみたい。インターネットで検索してみてもそんなに安く売っているところは見つかりませんでした。

 Wiiは無線LAN接続が標準になっていて、アクセスポイントさえあればそのまま接続できるようになっているらしい。で、Web Caster V110 にオプションを取り付けるだけでアクセスポイントになることは知っていたので、そうする方が賢いであろうと思いました。一旦そうしておけば、将来無線LAN付きのノートパソコンを持ってきてもすぐにつなげることができるわけだから、決して損はないはずだ、というのが結論。

 オプションの標準価格は8000円。値段的にもこんなもんかな、というところでした。
 インターネットで調べたところでは、6000円から8000円でさまざま。不思議なことにNTT東日本用のものが西日本用のものより2000円近く安い。しかし、東日本用の注釈には「東日本以外の環境で使った場合の動作保証はできません」と書いてある。全く同じ型番の製品で、そんな違いってあるんですかね。

 とりあえず、NTTに電話相談。当然ながらNTTから購入すれば8000円だそうですが、これもレンタルにできて、その場合は同じく月300円だそうです。8000円のものを月300円でレンタルはリーゾナブルじゃないので、これはさすがに購入するべきでしょう。
 東日本用と西日本用の違いについて聞いてみたところでは、「全く同じ型番だから使えるはずだが、どうして東日本専用にしてあるのかは、東日本に聞いてもらわないとわからない」ということでした。
 とりあえずNTT東日本に問い合わせしてみるつもりで電話をかけてみると、無料の回線は範囲外で使えず、有料回線でかけてみても全然つながらず、電話料金がかさむばかり。2000円の違いを確認するために、それ以上の電話料金を払うのでは割に合わないので、あきらめました。

 結局は最安値のところから、東日本用を購入することにしました。

 注文2日後にオプションが到着。次の段階は、これの設定をしなければいけません。・・・(続く)


Wii [Wii]

 コンピューターやゲームには全く感心がないはずの妻が、突然、「Wii fit が欲しい。」と言い出した。

 子供が二人とも関西方面の大学に進学してしまって、夫婦二人だけの生活になってしまった我が家は、そんなものはとんと縁がないと思っていたわけですが、敢えて反対する理由もないので・・・・、
「欲しいのなら買えば?」
「近所のデオデオ(家電量販店)には置いてなかったけど、どこで買ったらいいんだろうか?」
「そりゃ、トイザらスに行けば確実じゃないの?」
 で、インターネットで現在の標準価格帯を探して教えておきました。

 翌日帰宅したら、顔見た途端に・・・
「買ってきたから、つないでセットしてちょうだい!」
 あらら・・・、もう、買っちゃったのね。何とも決断の早いこと・・・。どうやら、トイザらスで、目玉商品として本体とfitのセットで売り出しをしていたらしいです。

 さっそくセットしてやってみましたが、日頃、PCで目と指先しか使わないゲームばっかりやっている身には、体全体を使うゲームというのはなかなか新鮮でした。確かにこれなら健康的だわ。
 バーチャルトレーナーの指導のもと、ヨガやストレッチをやるメニューなど、実際のトレーナーに指導してもらうのと違って、どれだけ真に身になっているのか疑問ではありますが、小一時間もやれば、かなり体に負荷がかかっているのは実感できるので、多少は体のためにはなっているんだろうな、とは思います。
 50歳過ぎて、運動とは無縁の生活を長く続けて来た体には、かなりきびしいゲームもあるのは事実ですが、ある程度楽しめながらできるので、これなら何とか続けられそうな気がしてきました。

 しかし、これのおかげで、詰将棋をやる時間は、毎日1時間あまり削られることになるわけですなあ。


メッセージを送る