So-net無料ブログ作成

貯めネコに小判 [ネット]

 今日はちょっと脱線して、あるポイントサイトの話。あまりメジャーじゃないのだが、「貯めネコに小判」というサイトがある。

 →貯めネコに小判

 ここで先日からオセロゲームが始まっている。

 comと対戦するわけなのだが、決して強いcomではないので、勝つのは決して難しくはない。しかし、ポイント制になっているので、単に勝つだけではダメで、いかに64石勝ちをするかが問題になるのだ。
 幸い、comの方は、乱数表は使っていないし、学習能力もないようで、毎回同じ手で打ってくるので、1回手順を覚えてしまえば、何回でも64石勝ちができてしまう。

 一つの例は以下の通り。手順だけを羅列するのでわかる人にしかわからないと思いますが、敢えてそうしておきます。

D3C3C4E3F4C5D6E6F6E7C6C7B3A3F5G5B6A6C8D8
E8B4F3G3D7B7F8F7B5A5A8B8A4G8H8--G4H5A7G6
H3H4A2H2G7--H7--C2D2D1C1B1B2A1--E2--H6--
F2E1H1--G1--F1--G2

 手順を再現してみればわかるのですが、10手前後で先手必勝の形になっていて、以後後手には選択の余地がなくなっていて、以後はどんな名人が出て来ても逆転はあり得ません。ただ、簡単に完封勝ちをすることなく、なぶり殺しのように最後まで生かし続けて64石すべてを黒にしてしまう手順はなかなか見事ではあります。

 実はこの手順、win95の頃に手に入れていた、「森田和郎のリバーシ」に見つけてもらったもの。win7では動かないのだが、XPモードで動かせばちゃんと動いてくれます。

 はっき言えばインチキみたいなものだが、この手順なら何度でも64石勝ちにできます。これなら簡単に上位に上がれそうなものだが、ゲームができるのが4時間毎で1日3回までの制約がある。
 それ以上にやりたければ、他のイベントで貯めていた「アトラクションチケット」を消費しなければいけないので、当然無限にあるわけではない。手持ちの小判をチケットに交換する方法もあるのだが、上位入賞の報酬が小判なので、下手なことをすると大赤字になってしまう。その順位を見極めるのがなかな難しいところである。

 現在「やっくん」は3位タイにつけているが、他にも全試合64石勝ちしている人は結構いるようなので、手順を把握しているんでしょうね。

 それが、先日からちょっと仕様が変わってしまった。チケットを使ったゲームの場合、4隅を全部黒石を置いた状態で始まるという究極のハンデゲームになってしまったのだ。
 ただでさえ弱いcomなのに、最初から4隅が黒石だったら、絶対に負けるはずがないのだが、今度は、途中で完封勝ちをしないようにして、最後まで引っ張って64石勝ちにするのが非常に難しくなってしまっている。

 しかし、これでも「森田リバーシ」にかければ簡単でした。盤面編集機能が付いていたので問題ありませんでした。その手順はこちら。

F5F6E6D6E7F8E8D8F7F4G8D7C8G7H6H7G6H5G5--
H4--C6C7C5C4B8--B7--B5A6A4B6B4B3A7--A5--
B2A2A3B1C3--C1--G3G4E3G2H3--F1G1H2E1F2F3
E2D3C2--D2--D1

 まあ、ここまでなぶり殺しにできるものか、と感心するばかりの見事な手順です。

 
nice!(0)  コメント(0) 

ペニーオークション-結論 [ネット]

 引き続きこの話題ですが、今日で最後にするつもりです。

 昨日の自動入札の件ですが、最後二人が自動入札で勝負になった段階では、バックボーンの資金がどれだけあるかで、どちらが勝つかの勝負は始まった段階ですでに決まっているはずなんですが、落札できるかポイントがなくなるかの、最後の段階に行き着くまで勝負の結果を教えてもらえない、という実に理不尽な構造になっているわけですね。
 もちろん両者の勝負の合間に、もっと資金力のある第三者に参戦されてしまったら、当然両者とも負けてしまうことになるので、さらにリスキーな話になってしまいます。

 そんなことを考えながら、いろいろ探してみた結果、こんなページが見つかりました。

 悪:ペニーオークション

 ペニーオークションについて、極めてわかりやすくまとめてあります。最初からこれを見ておけば良かったんですけどね。

 これによると、やはりこのシステムは最近のはやりらしく、雨後のタケノコのようにサイトが乱立状態になっているようです。さすがにこの状態で、全てのサイトが健全ということはないようで、中にはかなりいかがわしいものや、はっきり悪質な業者もあるようなので、かなり注意してかかる必要があることは間違いないようです。
 別のサイトからの情報では、とあるオークションがある日突然ページが閉鎖されて、連絡も取れなくなり、ポイントや商品を持ち逃げされてしまった、というようなケースも実際にあったらしいです。

 それ以上に、このシステムで問題なのは、業者側が不正をしようと思えば、いくらでもできてしまうことにあります。

 最も簡単な方法は、ダミーのIDを作って、業者自身がオークションに参加することであって、こうすれば容易に落札価格を高い方向に誘導することができますし、最後には業者自身で落札してしまうことも可能です。これなら、極端に安い価格で落札されてしまうというリスクを極力減らすことができることになります。
 極端な話をすれば、実際の商品がない状態で架空のオークションを立ち上げておいて、ユーザー間で競らせるだけ競らせてから、最後は自分自身で落札してしまえば、オークションとしては成立してしまうので、業者は手数料分を元手なしで荒稼ぎする、というようなことができてしまうのです。
 ユーザー側が見える情報だけでは、その不正を見抜く手段はほとんどないようです。

 実際に健全な運営をされているのかどうかについては、上記のようなページで評価を確認するしか方法はないのが現状ですから、怪しいサイトには一切手を出さない方が無難なようですね。

 問題は今回手を出してしまったDMMが果たして健全な運営をしているかどうかなのですが・・・。こればかりは、世間的にも名の通っているはずの大企業が、そんな悪質なことはしていないだろうと、信じるしかないところです。
 まあ、いずれにしても、あまり深入りいないうちに撤退するのが無難なんでしょうね。


nice!(0)  コメント(0) 

オークション・・・自動入札 [ネット]

 引き続きオークションの話。

 DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 今日の落札例には大して目立ったものはないようだ。雨の休日というのは競争率が高いのかもしれない。

 入札方法には手動入札と自動入札がある。

 手動入札は手軽にできる普通の入札で、できる限り無駄な入札を避けようとするなら、残り時間1秒まで待ってボタンを押すべきなんだろうが、ちょっと通信障害があっただけでもタイミングを逃して入札し損ねることがしばしばある。また、当然の如く、これをやっている間はPCの前から離れることはできず、ずっと画面に注目しておかねばならないわけです。

 自動入札は、一旦設定しておけば、残り20秒になった段階で0秒になるまでのランダムなタイミングで勝手に入札をしてくれるので、これさえしておけばPCの前を離れても全然問題ないことになる。

 過去の入札例をみてみれば、一部の例外を除いて、実際に落札できているのは自動入札だけという状態です。当然と言えば当然なのかもしれないが、この自動入札というのがなかなかのくせ者です。

 0秒ギリギリまで待ってくれるわけではないので、実際に落札できるまで延々と、それこそ勝手に入札し続けてくれますから、当然のごとく入札回数が一気に増えてしまう。そして最後は自動入札同士の泥試合となるので、結局は資金が尽きた方が負け、ということになる。勝った方はともかく、負けた方は大量のポイントを費やしただけで終わる、という虚しいことになるわけです。
 これを勝ち抜くためには、事前に相当の資金をつぎ込んで、大量のポイントを準備しておく必要があることになります。
 実際に落札した例を見たら、100回200回以上の入札は普通にあるみたいで、これをしない限りは勝ち抜くのは難しいということのようです。

 私のような者が、1000円分のポイントを使って何とかしようと思っても、勝ち抜くのは難しいというのは当然のことでした。
 
 商品の画像をクリックすれば、オークションの詳細が見えるので、それを見定めた上で、2人以上の自動入札が競争を始めた段階では、手動入札で割り込んでみてもほぼ勝ち目がないということはわかっておくべきでした。

 手動入札で勝とうとすれば、相当の運が必要だということがわかりました。

 でもね・・。商品が格安で落札されそうなのを目撃して、残り1秒まで行ってしまったら、ついつい入札ボタンを押したくなっちゃうんですね。難しい・・。


nice!(0)  コメント(0) 

ペニーオークション [ネット]

 一昨日はついつい金をつぎこんでしまったポイントオークションですが、一回冷静になって、考え直してみることにした。
 まずは方々のサイトを探ってみたのだが、この形式のオークションは最近の流行らしく、実に数多くのサイトが運営されているようである。例を挙げると・・・、

 ペニーオークションJAPAN
 得オク
 みんなのオークション
 なうおく
 ドキドキ・オークション

などなど。これらを見たところでは、どうやら「ペニーオークション」というのが、このシステムの一般名のようで、それなら、イギリスが発祥のシステムなんでしょうね。 

 どこも細かい違いはあっても大まかなシステムは同じ。全てが健全な企業なのかどうかはわかりませんが、一般的にも一応名前の通っている企業となると、やっぱり「DMM.com」なのかなあ、というところです。
 このシステムなら、顧客が多ければ多いほど企業が儲かり、ユーザーが落札に成功する確率は低くなる、ということになりそうに思えます。

 そんなところで、DMM.comのポイントオークションをもう少し掘り下げてみた。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 今日の落札例を見たところ、やっぱりありますねえ。
  MITSUBISHI REAL 42型
 通常販売価格128000円の地デジ対応テレビが、何とたったの115円で落札できているのです。もうかる人はまちがいなくあるみたいですね。

 一昨日の目撃例では、ブルーレイレコーダー1台を1500円前後で熱く競り合っている脇で、全く同じ商品がひっそりと展示されていて、あまり知られないうちに500円くらいで落札されてしまった、というのがありました。(私も一瞬気付くのが遅れて地団駄を踏まされました。)

 こういうのを見ると企業は大損しているみたいですが、こういう例はごくわずかでして、よほどの幸運がないとこういうことにはならないようです。

 通常なら2000円くらいで落札というケースが多いみたいで、これが1円オークションだったとすると、値段が1円上がるごとに入札量70円がかかっているので、結局胴元の企業は2000+2000×70=142000円が手に入ることになるわけで、これなら企業の方は大もうけ。ユーザー側はただ1人が得をして、競り負けた他の大勢は全員損をする、ということになります。博打みたいなシステムと言えなくもないようではあります。

 明日に続く

 
nice!(0)  コメント(0) 

ポイントオークション [ネット]

 最近は、インターネットでいろいろなことに手を出して、どうも詰将棋の方にほとんど時間を割けなくなってしまった。

 特に昨日は「ポイントオークション」という、ちょっと目新しいものに目が行ってしまい、ついつい手を出してしまったら、はまり込んでしまいました。

 テレビCMでもたびたび登場する「DMM.com」というサイトはDVDのレンタルなどがメインですが、ここに最近登場したサービスです。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

 上記ページの「Pオークション」のタブから入れます。

 以前から「yahooオークション」には時々顔を出して、主に中古品を競り落としていたのですが、ここの商品は全部新品です。それが0円スタートのオークションであり、、したがって運さえ良ければ、最新型のノートパソコンでもiPodでも地デジテレビでも、1000円以下で手に入る可能性がある、という嘘のような話。

 本当にそんなことがあうのだろうかと思って、サイトをのぞいてみたら、実際の落札例にそんなのがゾロゾロあることが確認できたのです。

 そのカラクリは、「入札にポイントが必要」というものでした。1ポイント=1円で、一回入札するごとに70ポイントが必要なのですが、これが全てだったのです。

 胴元としては、とんでもない安値で落札されるリスクはあるものの、たいていの場合は、数人のユーザーの間で入札、入札を繰り返してもらえばそれだけで十分元がとれる、という仕組みなんですね。

 最初はお試しポイントが1000点もらえるので、それを使っていろいろ入札してみたら、後一歩で落札できないケースばかりで、あっという間に1000点は使い果たしてしまいました。その一方では、行こうか行くまいか迷っている間に、ミスミス、とんでもない安値で商品を落札されてしまう現実を見せつけられてついつい熱くなってしまいました。
 1000円2000円とつぎ込んでいく羽目になってしまったのですが、結局は現時点では何も落札できませんでした。

 それだけつぎ込んだのなら、ある程度の商品をそこそこの価格で落札できるケースが1件でもないと、損をするばかりなんですが実際に損しかしていないのが現状です。

 世の中、トクをする人がいる以上は、それ以上に損をする人がいないとバランスが取れないようになっているのが現実なんですね。甘くはなかったです。

 もう少し研究して、再チャレンジしてみようと思っています
nice!(1)  コメント(0) 

トラックバック一時停止 [ネット]

 アダルトサイトからのトラックバック攻撃は一向におさまる気配が見えません。日に10個以上のペースで送られ続けています。

 いくら送られても、承認するはずはないので、表示されることもないのですが、それでも送り続けてくるのはご苦労なことです。おそらくコンピューターが自動的に送るようになっているのでしょうね。

 ともかくあまりにもしつこいので、一時的にトラックバック禁止の設定にさせてもらいます。過去にはまともなトラックバックをもらったのは1件だけだったはずなので、実質的な影響はほとんどないと思われます。
 当面はこれで対処させてもらいます。

トラックバック攻撃 [ネット]

 一昨日辺りから、アダルトサイトからの大量のトラックバック攻撃が来るようになりました。

 表サイトもミラーサイトもどちらも、トラックバックについては、「管理人の承認後に掲載する」設定にしてあるので、実質的な被害はほとんどないのですが、イチイチ確認して削除する手続きが邪魔くさくてかなわないです。

 果たしていつまで続きますやら・・・・。

回線設定変更 [ネット]

 大阪の回線のID変更方法について、ぷららのサポートで細かい事を聞こうと思ったが、「その場で機器のない状態では教えられない」とか「契約者本人の問い合わせじゃないと答えられない」とか、いろいろ言われて結局教えてもらえませんでした。
 しかし、NTTのカスタマーセンターに電話して相談してみると、具体的な方法を細かく教えていただけました。それをメールに書いて子供に送信しておいたところ、それを見て、本日午前中に設定変更をさせることができました。実は途中で聞いた通りにいかなくて若干パニックになってたみたいですが、私と電話でやり取りしながら、どうにかうまくいったみたいです。
 とにかく、これで最大の懸案はクリアーできたみたいです。

 そういうわけで、今後も当分は、メルアド、ホームページアドレス、ブログ全て、今まで通りで継続することになりました。


メガエッグ [ネット]

 昨日書いた通り、本日午前中にメガエッグの工事がありました。

 すぐに終わるのかと思ってましたが、電柱からファイバーを引き込んで、機器に接続して、今までのBフレッツの機器と入れ換えて、と結局は2時間近くはかかったみたいです。

 接続の設定以後は自分ですることになっている、ということで、その設定をしたり、新しいメルアドの設定をしたり、その他細々とした連絡やら、問い合わせやら、している間に半日潰れてしまいました。

 現在はもちろんメガエッグの回線でつないでいるのですが、とりあえず問題なく動いています。速度を測ってみても20M以上がコンスタントに出ていますから、その点不満はないですね。

 1点だけ問題があって、家では今まで複数のジャックに複数の電話機をつないで使っていたのですが、光電話に接続できるのは原則1台だけということです。その点については事前にもらった注意書きをよく読むと明記してありました。市販の回線分配機を使えばつながらないわけではないことは確認しましたが、その場合の品質に保証はできず、何らかの不具合が起こる可能性はあるということです。
 今後地デジテレビで双方向通信をする場合でもアナログ電話回線は必要なのだから、それにすら対応できないのでは困るのではないか?という苦言をサポートに人に伝えておきました。(そういう提言があったことは上に伝えておきます、という返事でしたが・・・・)

 少し意外だったのは、今までのメルアド「plala」で問題なくメールの送受信ができるということ。受信はどの回線経由でもできるはずなんですが、送信も問題なくできるとは思っていませんでした。メガエッグの回線で、plalaのホームページを書き換えることも自由にできることを確認しました。
 「今までの環境そのままで使い続けることができる。」という売り文句はそういうことだったのか、と認識した次第。もちろんそのためにはplalaの契約を最低限で残しておく必要があるのですが、これについても裏技を使うことにしております。

 以後、少々複雑な話になるのですが・・・・。

 実は今まで、自宅をBフレッツ、ぷららで契約していたのとは別に、大阪の子供の下宿もBフレッツマンションタイプ、ぷららで私の名義で契約しており、要するに自分名義で2契約持っておりました。大阪の回線は何のこだわりもないのですが、岡山の回線は、メルアド、ホームページ、ブログの上に、クレジットカードの契約までしていたので、そう簡単に切るわけにいかないことになっていたわけ。だから、今回は大阪の回線のIDを解約して、岡山の回線のIDをマンションタイプに変更して、大阪の回線に持っていこうと考えているのです。
 そのためには、まずは子供のメルアドが変わることを承諾してもらうこと。これについては問題なく了承してもらったのですが・・・
 ルーターを旧IDで設定してあるので、これの接続ID、パスワードの設定を変えてもらわなければならない。これが最大の問題として残っています。

 その場に私が行ってやりさえすれば簡単なことなのですが、それを電話で指示してやってもらわなければいけないのが、うまくいくのかどうか心配しております。昨年私が行って設定した時、どんな風にやったか、さすがに細かいところまでは覚えていないのが現状で、どうにもラチがあかなければ、最悪私が大阪まで出向いて設定してこなければいけないのかもしれません。
 とにかく、今月中にすませて解約しなければ、無駄に1ヶ月分(7千円ほど)を払うことになるので、何としても今月中にやってしまわないといけないのです。

 果たしてどうなるでしょうか。


迷惑コメント [ネット]

 1週間さぼったままでした。

 この間、将棋世界11月号やらパラ10月号やらを多少は考えているのですが、将棋世界の方は何とかなりましたが、パラの方は全然進みません。やたらと解きにくい作品ばかりで、片手間で解けるような作品は数少ないみたいです。本気出してやらないと全然ダメですね。

 ところで、ここのところ、アダルトサイトやわけのわからんサイトからの迷惑コメント攻撃がチラホラあって非常に困っております。そんなのは片端から削除しているのですが、2日に一つくらいのペースで来ています。
 ただ、不思議なことに、それら全て、「9/30 詰パラ10月号」の記事に対するコメントとして投稿されているのです。考えるに、この記事の何かの語句が、彼らのターゲットにするキーワードにヒットするようなのですが、それがどのワードなのか、見返してみてもイマイチわかりません。

 あまり続くようなら、承認後掲載に設定変更する必要があるのですが、もうしばらく様子を見てみます。

※これはBroachのブログについてのことであり、sonetブログはもともと承認後掲載の設定になっていて、迷惑コメントもきておりません。
メッセージを送る