So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

詰パラ4月号 [詰将棋]

 今月の後半は仕事が忙しかったり、雑用があったりで、無為に過ごしてしまって、3月号はかなりの数が手つかずのまま残ってしまった。当初は余裕があるつもりだった本日も全然時間が取れず。後1日あるつもりでいたら、今日もう4月号が届いてしまいました。
 これは今までにないひどい状況と言えます。とりあえず3月号分は保留して4月号にかかるしかないところかも。

 とりあえずはざっと一瞥してみる。

 最初に大学の作品に誤植のないことを確認。
 鎌田研氏、名前には記憶があるのですが、これが初入選とはちょっと驚きました。初入選作としては上出来だと思います。

 半期賞の発表。
 短大の谷口さんの作品にはもう何も言うことはありません。看寿賞もほぼ確実かな?
 大学の中山氏。若い人だとばっかり思っていたら、かなりの年配の人で、これにはビックリ。どうやら復活組だったそうで、新人扱いをして大変失礼いたしました。

 アトランティスの解答発表。
 大まかなところはわかっていましたが、細かいところが不明のままでした。やっぱり非限定だったようですね。
 全体的に見覚えのある手順のように思っていましたが、古時計と同様の機構ということに納得。
 いろいろ問題はあっても、無名の新人作家がこれを創ったということは、それなりに意義あることだと思われます。

 新作超長編とは田島氏の作品でしたか。果たしてどんな機構の作品なのか、本質だけでもつかみたいところです。

 デパートに上田氏の作品あり。これは是非解いてみたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0