So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古時計Ⅱ修正図別案 [詰将棋]

 26日分で失敗した修正図別案ですが、失敗図のまま放っておくのも寝覚めが悪いので、とりあえずの決着を付けておきます。

   「古時計Ⅱ」修正図別案  847手詰
tokei10.gif  →java版

 前回の失敗をふまえて、最初の43香生のタイミングを限定するために43桂の配置にしました。1回転少なくなったので手数は847手止まり。前回の修正案よりは多少伸びましたが、新扇詰には届かないことになりました。
 作者のオリジナリティーを侵害してまで創った価値があったかどうかは微妙なところですので、あくまでも参考図として見ていただきたいと思います。(当然のことですが・・・・。)

 なお、柿木に解図させると、4手目52玉以下851手を解答しますが、これは変化別詰であり、直ちに43香生が可能になるので早詰になります。
 最初の60手についてはPC検討しておりますので、今回のは問題ないはずです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0