So-net無料ブログ作成

誤解説 [詰将棋]

 やらかしてしまいました。

 2月号結果発表の大学解説中に明らかな誤解説がありました。

 大15角作の解説に、初手75飛は14玉で逃れ、と書いたのですが、これが大きな間違いで、41馬以下で簡単に詰んでしまうようです。初手75飛に対しては、55歩合が唯一の逃れ順で、以下の手順もかなり際どかったようです。
 これを角氏自身のメールで指摘されて初めて気がつく、という体たらく。角氏の投稿原稿には、この順について細かく書いてあったのに、完全に見落としておりました。
 そもそも、「不詰」と断言する際には、柿木で詰まないことを確認することにしていたはずなのに、それさえも怠っていたわけですから、どうにも言い訳が効かないところです。

 どうも、担当交代が決まって以来、担当業務に身が入っていない、ということを如実に示しているようです。

 こんなのではいけません。反省しております。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0