So-net無料ブログ作成

詰備会と岡田さん [詰将棋]

 昨日までの寒さから一転して初夏の陽気の一日でした。午後からは岡山で詰備会に出席してきました。

 会場は前回までの市民会館から天神山文化プラザに変更。
 1時前に会場に到着しましたが、既に到着していたのが、幹事の赤畠氏の他に、関東から遠来の利波氏と、関西方面から冨永、宮原、岩本、久保の各氏。
 さっそく今回に向けて投稿されてきた作品群の検討などをしてもらいました。

 そのうちに岡山市内の長谷川氏と片山氏が到着。いずれも会場がわかりにくくてちょっと迷っていたとのこと。初めての方にはわかりにくかったでしょうかね・・・。

 しばらくして関西方面から則内氏、長崎から石川氏が到着。そして、関東から近藤郷氏が初参加されました。氏は全国大会で顔に覚えがあるのですが、実際に声をかけるのは実は初めてでした。

 ちょっと遅れて広島の斎藤氏、高校の将棋対抗戦を終えて駆けつけてくれた小椋君が到着。総勢実に15名と大盛況でした。

 作品の方は新たに、片山氏、近藤氏、石川氏から提供があり、合計10作以上が集まることになりました。
 特に片山氏からは数年ぶりの新作ということですから、これは特筆するべきことですね。
 結局、普通作4題と盤面象形(10か20)4題の計8題でどうかということになりました。後は編集部と交渉です。

 いろいろやっているうちにあっという間に終了時間。
 岩本さんに集合写真を撮っていただきましたが、それはあちらのブログにブログに載っています。
      (→香龍会

 小椋君以外の14名で、赤畠さんセットアップの2次会へ。
 こちらでも、いろいろな詰将棋の話題で盛り上がったようです。

 
 なお、次回の秋の詰備会は11月3日(日)とすることにしました。連休中に強行するのはご迷惑な方もおられるかもしれませんが、遠来の方には来やすいということなので、今回のでスッカリ味をしめて、そうすることにします。同じく天神山文化プラザですが、部屋だけは別の部屋になるようです。
 6ヶ月も先の事ですが、よろしくお願いいたします。



 ところで、会の間でも話題になりましたが、あの岡田さんが亡くなられたとのこと。
 最近は創棋会にも看護師同伴で出席されていたというような話も聞いていましたが、ついにこの日が来たか・・・、という思いです。
 
 氏の詰棋界への貢献度は筆舌に尽くしがたいものがあります。個人的にもいろいろお世話になりました。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。